河村晴道 二星の会 ~Jisei no Kai~

シテ方観世流能楽師 河村晴道の情報ブログです。

プロフィール

河村晴道 プロフィール

1960年、京都生まれ。河村晴夫の二男。シテ方、観世流。

能楽協会、日本能楽会会員。
京都観世会理事。京都能楽会理事。
同志社女子大学嘱託講師。

幼少より父及び、伯父河村禎二、叔父河村隆司の指導を受ける。
4歳で仕舞「老松」にて初舞台。
9歳で能「猩々」にて初シテ。

同志社大学文学部文化学科文化史学専攻卒業後、
十三世林喜右衛門に内弟子入門。
五年後に別家独立。

「石橋」「猩々乱」「道成寺」「養老 水波之伝」「清経 恋之音取」
「羽衣 彩色之伝」「砧」「野宮 合掌留」などを披く。

能を現代に生きる演劇として捉え、
人間存在に関わる普遍的主題を求めて能を演じている。

京都を中心に演能活動を行う一方、
各地で講座や講演を行い、能の普及活動にも積極的に関っている。

「二星の会」(河村晴道 能の会)を主宰。
京都、府中(東京)、徳島、広島で各「青嵐会」を主宰。

(2018年現在)



スポンサーサイト



プロフィール | コメント:1 | トラックバック:0 |
| ホーム |